臨床なんでも掲示板

なまえ
メールアドレス
タイトル
本文  アドレスをリンクする  〔 画像の添付と削除
パスワード     なまえ等を保存

101件中15 (ページNo.1)      ホームページに戻る

プレスセラミックとジルコニアの症例 
丹羽 弘一 (30〜39才)
9/3(火) 11:54:09 No.20190903115409 返信 削除
23,431バイト 26,196バイト
19,679バイト 26,209バイト
今回の症例は下顎左側4〜右側7(6.7はインプラント)です。
担当者からは左側4〜右側5を単冠のプレスセラミックで、インプラント部はジルコニアのスクリューリテインタイプを連冠で製作するようにと指示を受けました。
wax upした後に左側4〜右側5をプレスセラミックに、右側6.7をcad/camを使用してジルコニアにそれぞれ置き換えて適合させ、形態修正、グレースをして完成させました。

審美と機能を両立した、下顎部分床義歯症例 
加藤 靖了 (30〜39才)
9/3(火) 11:47:27 No.20190903114727 返信 削除
47,241バイト 24,549バイト
25,512バイト 55,226バイト
52歳 女性

担当医から明確な指示を頂き、弊社にて製作が可能か診査したのち、製作が可能であった為、制作にかかりました。

維持装置は、審美的な前歯部にはノンクラスプを使用して、機能を重視して臼歯部にはダブルエーカースクラスプを使用するように指示を受けました。金属床付きの人工歯配列試適を行い、患者様も大変満足されているとの報告を受けました。
試適時の状態を、忠実に再現して完成させました。

維持力の確保が難しい症例 
加藤靖了/司馬 武 (30〜39才)
9/3(火) 11:42:49 No.20190903114249 返信 削除
62,825バイト 61,735バイト
51,958バイト 63,902バイト
60代 女性
主訴は、義歯の維持力不足による、咀嚼障害。

担当医から、弊社に模型が届き、模型を診断した所、維持力を確保するには設計を工夫しないと難しい状態でした。担当医にその旨を伝えると、唇側をつなげる設計を御提案頂きました。また、担当医は、装着感、咬合時の疼痛緩和の為、ループシリコーンデンチャーにすることにした。
試適で患者様に確認したいので、完成に近い形を再現するようにと指示を受けました。

担当技工士は、設計に基ついて金属床を製作し人工歯配列を行った。
試適は良好との報告を頂き、試適を忠実に再現するように完成させました。

アタッチメントを併用したループ・シリコーン義歯 
袴田 学 (40〜49才)
9/3(火) 11:36:58 No.20190903113658 返信 削除
47,181バイト 55,423バイト
54,656バイト 56,646バイト
70歳代女性。
主訴は、上顎全部床義歯の不適合と義歯床粘膜の疼痛による咀嚼傷害。
義歯の維持安定と粘膜の疼痛緩和を考慮し、アタッチメントを併用したループ・シリコーン義歯を選択した。
本症例では、義歯の強度と軽量化の為に、チタンを使用した金属床を用いて、ループ・シリコーン義歯を完成させた。
その後担当医によって、アタッチメントを口腔内で装着した。

上顎7本支台コーヌスクローネ義歯の症例 
長江昌樹 (40〜49才) @愛知県
8/5(月) 10:29:03 No.20190805102903 返信 削除
80,684バイト 91,559バイト
105,720バイト 94,061バイト
上顎右側4、6、左側3〜7遊離端欠損の症例。担当医は左側義歯製作にあたり、残存歯牙を利用したコーヌスクローネ義歯を設計した。
右側欠損部はポンティックとし、右側7〜左側2のガルバノコーピングを併用したコーヌスブリッジ、左側1、2舌側に補強用金属フレームの設計とすることで、義歯床をシンプルな設計であり、強度も確保できる構造とした。
スパンの長いブリッジでしたが、支台部、義歯床部とも適合良く、問題なく装着出来ました。と報告をいただいた。


[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 .. 21 ]  次へ

管理〔0〕 MiniBBS